青汁ダイエット

有機栽培の青汁

「有機栽培」という言葉を聞いたことや、
実際に有機栽培の野菜や果物を、購入したことがある方もいらっしゃるでしょう。

今日の国内の食品はどれも質がよく、
栽培法にこだわりを持っている農家が多いようです。

それとともに消費者も安全性の優れた食品に興味を持つようになり、
「有機栽培」「無農薬」「無添加」などの言葉を意識する方が増えてきています。

有機栽培とは?

「有機栽培」というのは、そもそも何を意味するものなのか詳しく説明すると、
「農薬」や「化学肥料」を使わずに栽培し、
土自体の能力を生かして作られたものということを意味します。

年々「有機栽培」の野菜や果物が増えてきていますが、
「有機栽培」は決して安易なものではありません。

雑草や虫食いをこまめに取り除き、農産物が病気にならないよう、
天候や温度に気を配らなければならないし、
畑をきれいに保つためのコストと時間をかけて作られているのです。

その証明として有機栽培で生産された農産物には、
農水省が認定した「JASマーク」というものが表記されています。

これは有機認証機関にJAS認証申請書を提出したことによって、
条件をクリアし認められたということなのです。
従って、このマークがない場合は、
有機栽培や有機農産物として紹介、売り出すことはできないことになっています。

以前は有機質肥料を使って栽培したものであれば、
有機栽培として認められていたのですが、近隣の畑で化学肥料を使ったり、
農薬の散布を行っている場合もあるため、有機栽培の基準が厳しくなってきたのです。

時間と手間をかけた有機栽培の農産物は、
色合いも鮮やかで甘みも強く、自然そのものの味わいを楽しむことができるはずです。

もちろん、その分栄養価が高いのも確かです。
その「有機栽培」で作られた原材料を使った青汁も販売されています。
原材料による比較はこちらのサイトが詳しいです。

メーカーの商品の紹介を読んでみると
「残留農薬、近隣の飛散農薬について徹底管理」
「理想的な農地で栽培」
「理学博士のこだわりの栽培法」
など、それぞれこだわりと自信を持って商品化しているのがわかるはずです。

青汁のいろいろな原料の特徴について読み比べて選ぶのもいいでしょう。