青汁ダイエット

乳青

「乳青」の主原料は、
植物性乳酸菌との相性がよい「ケール」や「大麦若葉」、そして「抹茶」です。
どれにも食物繊維とオリゴ糖が入ってます。

植物性乳酸菌の特徴は生きて腸まで届くということで、
乳酸菌が腸まで届くと、体の中にある善玉菌【ビフィズス菌】を増やして、
大腸菌などの悪玉菌をやっつけてくれます。

腸内でビフィズス菌が増えると、腸の機能は高まり消化吸収が促進されます。
食物繊維には、悪玉菌の減少、有害物質を減らす作用があり、
オリゴ糖には腸を整えるという働きがあります。

そんな食物繊維とオリゴ糖を運びやすくする植物性乳酸菌と、
それらが含まれた
「大麦若葉」と「ケール」と「抹茶」
によって作られている「乳青」だからこそ、便秘解消に効く「青汁」なのです。

水にサッと溶けやすく、シェーカーなどは必要ありませんので、気軽に飲めます。
味も抹茶風味で飲みやすいと好評です。
「大麦若葉」と「抹茶」によって「ケール」の味も抑えられるのかもしれません。

そもそも昔の日本人は毎日の食事である漬物をはじめ、
味噌、醤油、日本酒などから乳酸菌をとっていました。
日々の生活の中に入っていたのです。

だから逆にヨーグルトなどがなかったのかもしれません。
それは漬物などがないヨーロッパで生まれました。

今考えると昔の人は調べなくても、何が必要なのか知っていたということになります。
信じられないくらい凄いです。

それが現代では欧米型の食生活になり、植物性乳酸菌がほとんど摂れなくなっています。
「乳青」は、腸内環境から健康にするために、
日本古来の食品に含まれている植物性乳酸菌を選び、摂取することを考えたのです。

そうすることで、便秘がちなお腹の調子はすっきりとした快便状態になり、
外食続きなどでぽっこりお腹だった人も少しづつ減っていきます。
腸内が綺麗になればいいことづくめで、目指せ腸内美人生活です。
野菜不足も解消されますので、健康と美容にもいいことでしょう。