青汁ダイエット

安全な青汁はどうやって買えばいい?

現在国内では、約20種類もの青汁が販売されています。
それぞれ原材料や形状が違うため、
どれを選んだらよいか悩まれる方も多いはずです。

まず、青汁を効果的にするためには毎日続けて飲むことが大切なのです。
好みの味、飲みやすいものを選ぶとよいでしょう。
青汁の製品タイプや人気商品はこちらに載っていますので参考にしてください。

もし小さいお子さんや、おじいさん、おばあさんなど、
ご家族の方と一緒に飲むのであれば、安心で安全なものにこだわりたいですよね。

安全な青汁を選ぶポイント

では、安全な青汁を選ぶポイントをいくつかご紹介しましょう。
はじめに、青汁の原材料についてですがメーカーによってそれぞれ異なります。

一般的なものとしてケール、大麦若葉、桑の葉、緑茶などがあります。
ケール、大麦若葉は豊富な栄養素が多く含まれていることから人気が高く、
野菜嫌いな方には特におすすめです。

大麦若葉はケールよりもアクが少ないので、
青汁の味が苦手な方でも飲みやすく感じます。
桑の葉同じく栄養素が十分豊富なのですが、
注目すべき点は血糖値を下げる効果があるということです。
高血圧でお悩みの方に適しています。

そして、緑茶青汁ですがこれは緑茶と、上記で紹介した原材料や、
緑黄色野菜を組み合わせて作られたものです。
日本人に親しまれている緑茶を混ぜ合わせることで、
抹茶のような味わいになっているので慣れやすいでしょう。

これらを参考にご自分が試してみたいものを選んだら、
原材料の産地表示がきちんと表記されていることを確認してください。

メーカーのパンフレットやホームページを見てみると、
中には「国内産100%」とだけ書かれたあいまいな表現のものもあります。
県名や地域がはっきりしているものは、より安全性が強いと考えていいでしょう。
そして、青汁は原材料そのものの味でできている商品ですから、
農薬や化学肥料を加えたものは避けたいですよね。

その証となるのが「有機JAS認定」と表記されているものです。
これは「無農薬」で育てられていると受け止めていいのです。
無農薬にこだわった原材料のものであれば、
手間をかけて丁寧に作られたということなので何よりの安心、安全につながります。

これらを参考に、自分の好みの青汁を見つけてみてください。
 
↓青汁の価格とその効果はこちら