青汁ダイエット

青汁は副作用の心配が無い栄養ドリンク

日頃の忙しさから疲労回復、栄養補給、肌荒れ、二日酔いなどを
カバーするために栄養ドリンクを摂取する人も多いと思います。
今ではコンビニやスーパーなどでも簡単に購入できます。
処方箋などもいらない栄養ドリンクは、困った時の魔法の薬のようなものです。

しかし毎日飲んだり頻繁に頼ってしまうのは、体によいことではありません。
実は栄養ドリンクの成分には、様々な化学物質や即効性があります。
なかには、アルコールやカフェインが含まれているのです。
そのため依存性が強く、脳の働きを活発化してしまう副作用があります。
他にも血糖値のコントロールに異常をもたらしたり、
肝臓に負担をかけることにつながってしまうので過剰摂取はおすすめできません。

一方青汁はどうでしょうか。
まず、価格ですが青汁はだいたい何十回分を一箱という単位で販売されているものが多いです。
とすると一杯分の価格は約150〜170円、安価なものは100円を切るものもあります。
日頃飲んでいる栄養ドリンクの価格とあまり変わりません。

成分についてですがこれまで述べてきたように、
青汁は原材料そのものを加工して作られているため、
化学物質は一切含まれておりません。
従って、原料そのものの栄養素を摂取することと同じなのです。

野菜そのものの栄養を取るために、
ミキサーやジューサーなどに野菜や果物を使って、
オリジナルのドリンクを作られる方もいます。
そちらも栄養が摂れるのは確かですが、
毎日続けるためには材料費や手間がかかってしまいます。

そして野菜だけのジュースというのは苦味が強くなってしまうので、
果物を加えることになるため果糖も一緒に摂ることになってしまいます。
青汁は飲みやすさを研究して作られたものですから。
栄養価が高いことはもちろん、手間や時間をかけることはないのです。
そして普通に飲んでいれば、副作用の心配は全くないのです。

ただし、青汁を飲むときに注意してほしい点が一つだけあります。
それは、購入した青汁の一日の適正量を守ることです。
それより少ないと、栄養素を十分に摂取できていないことにつながります。
また多量に飲んでしまうと食物繊維が多く含まれていることにより、
下痢やお腹がゆるくなってしまう心配があります。
表記に従って続けるようにしましょう。
このサイトhttp://www.mas-hamilton.com/の解説も、是非ご覧ください。