青汁ダイエット

無農薬栽培の青汁

今日、販売されている青汁には様々な種類があり、
メーカーによって原材料や栽培法、原産地などが異なり、
どれも飲みやすさを工夫した質の高いものになっています。

CMやインターネットなどで紹介されていても、
実際どれを選んだらよいものか悩まれる方も多いことでしょう。
では青汁を選ぶポイントをご紹介していきます。

安心で安全な青汁の選び方

まず、青汁はいろいろな効果が期待できることから、
毎日続けることが基本となってきます。
毎日飲み続けるためには安全で安心なものにこだわりたいですよね。
安全で安心なものの条件としては国内産のものをおすすめします。

だいたいの商品には原材料、それぞれの産地が記載されているものが一般的です。
はじめにそれを確かめてみてください。
県名だけでなく地域について表記していたり、
生産者の顔写真や栽培の様子について紹介されているものは親しみが持てます。
一方、産地を明確にしていないものや、
価格があまりに安価なものは海外産である可能性があります。

次に品質についてです。青汁は数種類の原材料を調味料などを、
一切使用せずに加工しているため、素材そのものの味が商品になります。
従って、おいしさを追求し、
栽培法や産地にこだわっているメーカーが増えているようです。

中でも「無農薬栽培」を行っているものは手間とコストをかけ、
品質にこだわっているという証になります。

しかし、野菜に置き換えてみても無農薬栽培というのは安易なものではありません。
地域や気候によって条件や状況が異なります。
例えば、無農薬栽培をしている畑が、
農薬を使用している近隣の畑から風向きや天候、
気温などによって影響を受けてしまう場合もあるのです。

上記で海外産について紹介しましたが、
中には徹底した「無農薬栽培」にこだわったため、
規模が広い農地がある、海外で栽培を行ったものを原材料としているものもあるのです。

ドイツやニュージーランドには厳しい基準があり、
これをクリアしたものは真の無農薬栽培で育ったとして安心してよいでしょう。
サンプルやパンフレットをよく読んで納得したものを選ぶことが大切です。
こちらのサイトhttp://www.bbap-houston.org/の解説ページも大変参考になります。ご覧になってみてください。